PAGETOP

山形市長 佐藤孝弘
 
T O P プロフィール 実行中の政策
Facebook お問い合わせ
ごあいさつ

さとう市政、引き続きチャレンジと前進、
希望の山形を目指し走り続けます!

 昨年10月末、山形市はユネスコ創造都市ネットワークの加盟認定を受けることができました。これまで30年にわたり多くの市民の皆様に支えられて続けてきた山形国際ドキュメンタリー映画祭を始め、山形交響楽団、東北芸工大と連携したまちづくり活動、伝統工芸や食文化、茶道や華道など市民の皆様の文化芸術活動などが評価されての認定だと思います。本年4月の「山形セルリー」のGI(地理的表示)の登録、「山寺と紅花」の日本遺産認定など、国・県や関係機関とも連携しながら、山形市が誇る素晴らしい資産を積極的にPRしてまいりました。

 また、昨年12月の山形市と台南市の友好協定締結や、オリンピックホストタウン交流など、海外とのつながりも幅広いものになってきています。こうしたものを梃に、地元物産のさらなる販売増、インバウンドを含む観光客の誘客にもつなげていきたいと思います。ふるさと納税も引き続き大幅増、平成29年度は17億6千万円となりました。

 今年度は東北中央道が福島から山形までつながる予定です。そうしたインフラの整備が最大限活きるよう、さらなるまちの魅力向上を図ってまいります。

 いよいよ山形市の中核市への移行が来年4月に迫ってまいりました。保健所の運営を始め、2400もの事務権限が山形県から山形市に移管されます。より大きな権限をもって市民サービスの向上を図るため、動物愛護センターの設置をはじめこれまでにない独自の取り組みをすすめてまいります。引き続きチャレンジと前進、希望の山形を目指し走り続けます。

平成30年6月